IMURUTA

生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

MENU

海外旅行先に迷ったら、ベトナム ホーチミンに観光へ!

旅行の計画を練っている段階って、めちゃくちゃ楽しいですよね。

次はどこに行こうかなってワクワクする気持ち、たまらない…。

 

海外旅行となると、それなりに時間もかかる、お金もかかる。

行先はよく吟味してから決めたい。

 

いろんな本読んで、検索して…ああでもない、こうでもない…。

でも、結局最後に見ちゃうのって口コミだと僕は思います。

 

 

「君はさっきからダラダラと何を書いてるんだ。」と、お思いの方。

もうダラダラしないので許して下さい。

 

 

タイトルで既に書いてしまいましたが、

「迷ってんなら、ホーチミン!!!」

 

 

「ベトナム ホーチミン 観光」

で情報を集めている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

ホーチミンのおすすめポイント

 

 

これだ!!という派手な観光場所がない

「おすすめポイントそれ?」と思うかもしれませんが、これはおすすめポイントなんです。

 

市場、博物館、教会…もちろん観光名所はあります。

「フランスでいうエッフェル塔、スペインでいうサグラダファミリア」などの象徴的なドでかい建造物はない。

 

だからこそ、それぞれがホーチミンの好きな場所を切り取って思い出にできる。

 

「ホーチミン行ったら、みんなそこにいかなきゃね~」みたいな場所がない方が、旅の精神的自由度は高い。

 

強いて言えば、「戦争証跡博物館」はいかなきゃね~ の部類だと感じました。(いろんな意味で)

f:id:IMURUTA:20171107234119j:image

f:id:IMURUTA:20171107234313j:image

 

 

歩くだけ、乗るだけでスリル満点

ホーチミンの街中は、バイクで溢れかえっています。

本当に溢れかえってます(笑)

 

歩道を横断する際に「渡りますよ!私のこと、よけて走ってね!」みたいな合図をしなきゃ、まともに横断さえさせてもらえない。

信号は、日本ほど真面目に守る人がいない。いつどこでバイクが飛び出してくるかわからない。

 

滞在2日目あたりから、だんだんとうまく歩けようになってきて「人間って環境に適応できるんだな」と人間の適応力について考えたりできます(笑)

何回かは轢かれかけましたが…。

 

タクシー移動の際は、ぼったくりに注意です。

正規の値段で行けるかぼったくられるかのスリルが最高(笑)

 

imuruta.hatenablog.com

 

こんな感じで華麗にやられる場合も。

これも日本にいたら味わえないのでぜひ(笑)

 

コーヒーがうまい。とても美味い。

実は、ブラジルに続き、コーヒー生産国2位のベトナム。

コーヒー文化が根付いていて、あちこちにカフェがごろごろあります。

 

imuruta.hatenablog.com

 

ベトナミーズコーヒーは、深めに煎ったコーヒーに練乳を入れるという独自な手法。

濃厚な味わいが癖になる人続出。(だと思います笑。)

 

郊外にはクチという穴場も

クチは、僕が1番行ってよかったと感じたところです。

ベトナム戦争時代、地下道を掘って生活していたクチの人々の暮らしぶりを垣間見ることができます。

 

imuruta.hatenablog.com

 

ベトナムのホーチミンに来ないとここへは行けませんし、ここでしか味わえない感情が湧いてきます。

 

小さい穴の地下トンネルに入るので、「このままじゃだめか~」とダイエットのきっかけにもなるかもしれません。

 

 

最後に

この記事を読んで気になった方、もともと行く気な方。

マジで暑いんで、熱中症には気を付けてください!!!

 ↑

「所ジョージかよ」は禁句。

 

*************************************** 


備忘録・雑記ランキング