IMURUTA

生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

何もしない休日に罪悪感なんて感じるな!~SNS時代の心の圧力~

どうも、いむるたです。

 

 

「せっかくの休日なのに、なんもしなかったな…ああ…」

そう思って、休日を終える方も多いのではないでしょうか。

毎日頑張って働いて、毎日頑張って勉強して、「さあ、明日は休みだ!!リフレッシュするぞ~~~!」と意気込んで寝る。

そして、いざ休日になると、いつの間にか一日が過ぎている。

 

 

時には、何もしなかったことに罪悪感を感じたりする。

こんな記事を書きだした僕も、何もしない休日に対して罪悪感を感じることがあります。この気持ちの呼称は、「休日罪悪感」にしますね。なんか5文字の漢字の羅列ってカッコイイじゃないすか。

自分に対して言い聞かせる意味も含めて、この記事を書きます。

 

 

 

休みの日に何もしなかった。それでいいと思うんです。

何が有意義な時間とか、今日は充実してなかったとか、そういうことを考える時間が一番もったいない。

 

 

SNSの発展が休日罪悪感を生み出し、加速させている。そう感じます。

 

近頃、どの業界も”インスタ映え”を意識した戦略をとり、とにかくシェア、シェア、シェア。競うように写真をアップしているのを見ると、「ああ、今日は私、何もしなかったなあ…。」と思うのも無理はない。

 

インスタが急上昇しているので例に挙げましたが、他のSNSでも一緒ですよね。

Twitterでつぶやくと1品無料!Facebookで友達になると最初の1杯半額!」

そうして、次々とあげられた投稿を見たときも、休日罪悪感は襲ってくる。

 

 

襲ってきた休日罪悪感を成敗するにはどうしたらいいだろう。

いくつか考えてみました。

 

 

・自分は何もしないことを許された選ばれし人間だと思ってみる

・休む日と書いて休日。極力動かない日を設定したことにする

・消費活動に参加しない優越感に浸る

・何もしなかった自分を責めるよりも、次の休みを活かす方向で考える(次の休みでもループの可能性あり)

 

 

とにかく思うのは、休日罪悪感は害悪でしかない!!

さあ、何もしなかった休日に乾杯!!!

 

 

***************************************

 休日万歳

↓ ↓ ↓

 


備忘録・雑記ランキング