IMURUTA

生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

MENU

一発免停って、カラフルだ

 「お兄さん、止まってくださ〜い。」

 

いパトランプを点けた車が、色い歩道橋の下に隠れていた。顔がざめた。

 

「急いでましたかね?ちょっとスピード出し過ぎですね〜。」

 

「はい、自覚はありました。」

 

ここで、色々と口実を並べる人もいるらしい。僕は々しく嘘をつくこともなく、速度超過を認めた。30キロオーバー。グレーゾーンでもなんでもなく、一発で免停処分になった。

 

裏でい交際をしてそうな、真っな高級車に乗ったおじさんも直後に捕まっていた。おじさんは地面のをじっと見たまま、うなだれていた。

 

 

切符、切符。どっちも違反だけど、重いのは赤いほう。僕は赤い切符を切られた。

 

色の制服を着た警官の顔がボヤけて見えるくらいに、頭が真っになった。

指先がになるくらい、こぶしを握り締めて後悔した。

 

 

初回の免停者は30日の免許停止となる。一日、任意で短縮講習を受けると、29日間短縮される。もちろん、短縮講習を受けることにした。1万円以上かかった。

色い財布から、泣く泣く出ていく1万円札の肖像に、説教をされているような気分になった。

 

処分はこれだけでは終わらない。簡易裁判で罰金を受ける必要がある。厳重にい判子が押された、重々しい雰囲気の封筒が家に届いた。

 

「〇月〇日、裁判所へ出頭してください。」

 

簡易裁判といえども、裁判は裁判。本当に気が重かった。

 

後日、簡易裁判所へ出向いた。色のスウェットに髪の女。ネイビーのスーツにピンクのネクタイをしめた男。色んな人間が、簡易裁判がはじまるのを待っていた。

 

自分の名前が呼ばれるのを待つ。朝いちばんに行ったけど、10番目くらいに呼ばれた。免停者の朝は早い。

 

事実確認をされた。

「間違いありませんね?」

「はい。」

 

本当に、これくらいの短いやりとりだった。

確認が済むと、印鑑を押す。ここで、実印を忘れていることに気づく。

 

「あ、実印なくても大丈夫です。指でもいいですよ。」

 

自分の指紋で判を押した。色の親指がくなって、犯罪に手を染めるとはこういうことか、と落胆した。違反歴が真っだった免許証に、ビシッと前歴がついた。

 

罰金は6万円だった。

 

財布から出ていく福沢諭吉6人に愛想をつかれたような気がした。

 

 

 

 

 


マジで歴史。

 

 

***************************************

 ↓ ↓ ↓

 


備忘録・雑記ランキング