IMURUTA

生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

MENU

表紙が硬い本(ハードカバー)が苦手…

本を買うときの判断。

今の自分が求めている内容なら買うし、お金を払うまでもない、と思えば買わない。

僕はケチなので、本に身銭を切るときは、逐一あらすじをチェックしたり、立ち読みをよくやります。本屋の店員さん、ご迷惑をかけてすみません。

 

内容以外のところでも判断基準ってありますよね。デザインでジャケ買いしたり、あの人が読んでたから買うとか。

 

僕の中で、購入の判断基準は「ハードカバー(硬い) かどうか」が大きい。

 

硬い本、とにかく読みたくない。

気にいった本でも「硬い」ってだけで、急に購入のハードルが上がる。

「いざ、好きな人とそういうコトになったときに、タトゥーが入ってた」ぐらいのショック。

 

作家さんのために、ハードカバーを買うのが敬意。わかる。

保存するのに耐久性がいい。わかる。

装丁も含めてその本の魅力。わかる。

 

全部わかるんですけど、どうしてもソフトな方が好き。

家にある本を見返すときも、ハードなやつはなんとなく避けてしまう。(本棚の「火花」と「コンビニ人間」を眺めながら)

こんだけ言っといてアレだけど、文庫本で買い直すほどの本好きでもない(笑)

 

 

書店に入る。

「あ、あの本、ちょっとタイトル面白いな。なになに…(手に取る)。」

硬い!読みづらいから、そっと置く。そして、文庫本になるのを待つ。

 

ネットで本をポチる。家に届いた本を読もうとする。

硬い!曲げたい!仕方ないから読む。読んでる途中も硬いことにストレスを感じる。

 

湾曲させないと、本を読みたくなくなりません?

 

あ、もしかして、本の表紙の硬さどうでもいいですか…?

そんなような声が聞こえましたよ。

 

かたいこと言ってんじゃねえ!!なんでも読め!!って(笑)