生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

ブログって、大人の自由研究だ

f:id:IMURUTA:20180126223659p:plain

2017年4月からブログを書き始めて、1月現在で200記事書きました。自分が経験したこと、オススメの場所や食べ物、備忘録、クソネタなど様々な内容を書いてみました。

 

ブログ更新を続けていくにつれて、こんなことを思ったんです。

「これって、自由研究に似てないか?」と。

 

小学生のときに経験した、あの自由研究です。夏休みや冬休みの期間中に、個人が自由に題材を決めて取り組み、休み明けに発表し合う。僕は、友達がどんな自由研究を作ってくるかをひそかに楽しみにしてたんです。

 

「なにその用紙、料理のレシピなの!凄い!料理できんのかよ!」
「なに調べてきたの〜、それ全然知らないんだけど!見せて!」

 

 自由研究の個性の違いを見るのがとてもおもしろかったのを覚えています。

自分がつくったものを発表するときも「どんな反応されるだろう…。」とドキドキしたし、褒められると嬉しい。

 

夏休み、冬休み=人生

自由研究=ブログ

と置き換えたら、今も同じことやってるんです。好きなブロガーさんが経験したことを記事にして発表してくれる。それを見て驚いたり、刺激を受けたり、笑ったり。僕が自分の記事を更新すれば、誰かが見てくれて、同じことが起こる。

 

自由研究でもなんでもそうだけど、やらされてる感や使命感をもってたら楽しくないし、ワクワクしながら作った人の作品はやっぱり面白いと思う。

 

ブログは、自由研究のように「工作キッド」「必殺!お父さんの日曜大工に頼って完成!」が使えない。最初のうちは誰も記事を見てないなかで、黙々と発表し続けることになるはず。そこでくじけちゃう人もいる。

だけど、はじめるのはすごく簡単だし、半永久的に作品を見ることができるし、なんならお小遣いも稼げる。

自由研究が好きだった人はブログを趣味にしたらいいよ。きっとハマるし、楽しいよ!