生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

スペイン、フィゲラスのダリ美術館がおもしろい!こんな奇抜な作品まで!

f:id:IMURUTA:20170401183636j:image

 

奇人変人界の頂点、サルバドール=ダリ

スペインを代表する芸術家。あの有名な、チュッパチャップスの包み紙をデザインしたことでも知られる。

レストランで、紙ナプキンにささっとデザインを書いてあげたんですって。かっこいいですね~。

 

そんなダリの作品を展示しているダリ美術館(フィゲラス)について書いていきます。

田舎街フィゲラス 

場所は、ダリの故郷であるフィゲラス。すんごい田舎です。

 

バルセロナから列車で行ける、のどかな街。高速列車で1時間。普通列車でも2時間で着きます。

(バルセロナのサンツ駅からrenfeという列車で行けます。)

 

フィゲラスで降りて、10分ぐらい歩くとダリ美術館が見えてきます。

 

フィゲラス駅

 

入る前からスゴイ

さっそく奇抜なモニュメントがお出迎え。

「これはなに?」とついつい見入っちゃいます。

 

フィゲラスのダリ美術館のモニュメント

 

ここの階段を登ると…

さらにサプライズが待ってました。 

 

フィゲラスのダリ美術館

 

え!?卵乗ってるうう!!!

 

フィゲラスのダリ美術館

 

壁には無数のパン!

 

フィゲラスのダリ美術館

 

卵とパンが目印の建物、それがダリ美術館。入る前から面白い。

 

入口には、こんなのもありました。

 

フィゲラスのダリ美術館

 

ダリ、卵好きかよ!おでこにテレビ。

目の中に子供。下は全部、卵。

 

この美術館、写真撮影がOKなので作品をいくつか紹介します。

 

鏡が好き? 

鏡に写るダリさん。顔半分でも迫力あるのに、鏡でさらにド迫力。

もう、圧がすごい笑。

フィゲラスのダリ美術館 鏡にうつるダリ

 

鏡の前の妻(ガラ)を描いてる自分を、後ろから描いてますね。

こんな写実的な絵も描くんですね。

フィゲラスのダリ美術館 ガラを描くダリ

 

遊び心満載の作品 

この作品は、1階から見るとバラバラですが、2階から見ると変わるんです。

フィゲラスのダリ美術館

 

ある位置から見ると、顔になります。

うわあ、そういうことなのか!って、二重で楽しめます。

フィゲラスのダリ美術館

 

この作品も仕掛けがあります。近くで見ると、裸婦の絵です。

これを遠くから見ると…

フィゲラスのダリ美術館

 

リンカーン大統領になります。

こういう仕掛けにダリの遊び心を感じますね。

フィゲラスのダリ美術館 

 

モナリザをダリにしちゃってます(笑)

有名作品で遊ぶとは…。

フィゲラスのダリ美術館

 

ダリ、日本に興味あり

日本風な作品もあります。スペイン人から見た日本は、こんな感じだったのか。

フィゲラスのダリ美術館 

理解不能の作品集

ここからは、自分の頭で考えるのが少し難しい作品達を紹介します。 

 

フィゲラスのダリ美術館

 

 

石でヴィーナス

フィゲラスのダリ美術館

 

フィゲラスのダリ美術館

 

フィゲラスのダリ美術館

 

フィゲラスのダリ美術館

 

f:id:IMURUTA:20170401211831j:image

フィゲラスのダリ美術館

 

課外授業のコース? 

どうやら地元の子供達の課外学習の場所にもなってるようです。

ダリ風に髭を生やした子供達がいました。

とても可愛かったなあ。

 

フィゲラスのダリ美術館 子供たち

 

実は、墓 

ここは、美術館以外の側面もあるんです。

それがお墓です。

 

フィゲラスのダリ美術館 お墓

 

「ここを墓にしてほしい」という、ダリ本人の希望らしい。

ダリさんは、現在もフィゲラスの美術館の地下に眠っています。

みんなを驚かしに化けて出てきそうですね(笑)

 

最後に 

スペイン旅行に行かれる方には、イチオシのスポットです!フィゲラスの街自体は、すごくのどかで、ゆったりとした時間が過ごせます。

また、日本各地でもダリの作品が展示される機会があるので、一度見てみると面白いですよ!