生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

『「言葉にできる」は武器になる』の著者、梅田悟司さんのワークショップに参加した!

 f:id:IMURUTA:20180806210423j:image

(梅田さんにいただいた直筆メッセージ)

 

『「言葉にできる」は武器になる』の著者、コピーライターの梅田悟司さんの30名限定のワークショップに参加してきました。

 

場所は、三省堂書店 札幌店です。

 

「気持ちを言葉にできる魔法のノート」という書籍の発売イベントでして、1時間半のトークショーとちょっとした実践練習をしました。

 

 

 

梅田悟司さんは優しくて温和な方だった

f:id:IMURUTA:20180806211703j:plain

梅田悟司さんは電通のコピーライターで、

ジョージアの「世界は誰かの仕事でできている。」

タウンワークの「バイトするなら、タウンワーク」をコピーライティングした方です。 

 

さぞかしバリバリ仕事する雰囲気をかもし出してくるんだろうなあと思っていたら、すごくおしとやかで柔らかいオーラの人でした。 

 

話し方がとにかく丁寧でわかりやすい。さすが言葉を職業にしているスペシャリスト…

あんなふうにしゃべりたいですよ。

 

言葉のプロの話がつまらないわけがない! 

 

辞書の語彙力よりも自分の中から出る語彙力

梅田さんから聞いた語彙力の話。

辞書に載っている語彙力よりも、自分の中から出てくる語彙力のほうが大事だと言っていました。

 

言葉を人に分かりやすく伝えるには、どうすればいいか。

その近道は、自分の「内なる言葉」に気づくこと。

 

猫を見て、「猫だ!」「かわいい!」と思ったりしますよね。

口には出さずとも浮かんでくるもの、それが内なる言葉です。

 

たくさん言葉を知っているのも大事だけど、自分の中から言葉が生まれてくるかどうかのほうが大事だったんですね。 

 

内なる言葉って、なんか宗教チックな響きでもありますけど、これを意識しているかしていないかで生まれる言葉の数が全然違います。

 

1日中、頭の中に浮かんでは消えていく言葉を意識することが大事な一歩です。

 

それで?なぜ?本当に?のT字型思考で考える 

頭の中から出てくる言葉を育てると、相手に伝わる文章になります。

その育て方がT字型思考。 

 

それで?(もっと掘る)

なぜ?(理由づけ)

本当に?(疑ってみる)

 

本当に?と自分を疑ってみるというには一見わかりづらいですね。

 

ちょっと実践してみます。

 

T字型思考法を実践してみた

お題は、「今日はネコにえさをあげたよ。」にします。

 

左右と下に、「本当に?それで?なぜ?」と頭の中の言葉を展開していきます。

 

f:id:IMURUTA:20180806220130j:image

 

これをやる前は「今日はネコにえさをあげたよ。」で終わりだったのが、いろんな言葉が展開されました。

 

これをもとに書き直すと、

「今日はネコにえさをあげたよ。夜の日課だからね。やらないと鳴くんだ。同じエサなのによく飽きないよね。水は飲ませたけど、おやつはあげなかったんだ。少し太ってきたからね。よく食べてかわいいけど、元気でいてほしいもんね。明日もえさをあげようと思う。」

ぐらいまで膨らみます。

 

読書感想文に困ってる子供は、コレを知ってたら、クラスでナンバーワンの感想文を書ける!

小学生のお子さんがいる方は参考にしてみて下さい!

 

子供でも分かる「魔法のノート」だよ!

梅田悟司さんの新著「気持ちを言葉にできる魔法のノート」は、小学生でも理解しやすいやさしい内容になってます。

 

・うまく気持ちが表現できない

・どうしても口下手で困る

・結婚式のスピーチを頼まれた!

など、様々なシーンで活躍する本ですよ~

 

1度読んでみてください!