生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

iPhone音声入力でブログを書くのおすすめだよ!メリットとやり方について

f:id:IMURUTA:20180807224144p:plain

どうも、音声入力派のいむるた(@imurutalog)です。

 

ブログを書いたり、なにかパソコンで執筆している人達に「音声入力も選択肢にどうですか?」と伝えるべく記事にまとめることにしました。

 

やる気がわかないときの変わり種ライティングとしても役に立ちますよ!

 

 

iPhoneでメモに直接音声入力

僕はiPhone純正のメモ機能を使って、下書きをしています。

 

このマイクボタンみたいなとこ押して、

f:id:IMURUTA:20180807212150j:image

 

ポン!ってなったら、しゃべる感じです。

f:id:IMURUTA:20180807212201j:image

 

すごく簡単に文字起こしできます。 

 

思いつくことをひたすら口から出す

やり方というか、まずは口から出まかせします。

 

今回は、音声入力についての記事なので、音声入力について思いつくことをひたすらしゃべります。単語とかでもOK。

 

音声入力って結局、何がいいの?とかね。

今回の下書きは、約20分かけて1000字くらいのものになりました。

 

 

これ読んでしまったら、もう見なくていいかも(笑)

 

音声入力を活かすコツ

これ、結構やる場所によって変わってくるんですよ。

家でやったら独り言になっちゃうし、恥ずかしくて思ったように話せない(書けない)。

一人暮らしでも、なんか微妙に恥じらいが…

 

だから、外で歩きながらやるのがおススメ!

iPhone持って歩きながらやったら眠くないし。運動した方が頭の動きが良くなるって言うし!

 

でも、さすがに一人で喋ってるとヤバイやつだと思われそうですよね(笑)

 

近所からサヨナラバイバイして旅に出るハメになっちゃうかもしれないので、イヤホンをして電話してるフリでもしましょう。

胸ポケットにiPhoneを入れたら、まあまあちゃんと音声拾ってくれますよ。

 

しゃべるときに、ある特定の人を思い浮かべるとスラスラ話しやすいですし、誰かに刺さりやすい記事になります。

 

例えば、僕はマーベルヒーローの映画の記事を書くときは、マーベルのことが大好きな友達を思い浮かべたりしてます。

 

頭の中の友達に向かって、

「今回のあの映画見た?アントマンの新作やばいよね!絶対面白いじゃんね!」

と話題を持ち出すようにすると、臨場感が出るというか、本当に楽しんでる感じの記事になります。

 

放課後の友達同士での会話をイメージしてみて下さい。あの感じです。

 

まあ、ほんとに楽しんでるんだけどさ笑。

 

音声入力をするメリット

メリットたくさんあるんですよ!ちょっとバーッと言っていきますね。

 

めっちゃ速い!

とにかく打つより速い!(対自分比)

 

ダダダダーッと入力されていくのは気持ちいい!

 

頭の中で話を構成をしていないので、どうしても話題があっちこっちいくんだけど、別にそれは気にしない派です。

 

とにかく今浮かんでるうちに書き残したい。

書いてるうちにさっき考えたこと忘れちゃったりするのも悔しいしね!なんか、もったいないじゃん。

 

どうしても変なら本書きで修正すればいいし、下書きが猛スピードで終わる方がモチベーションが高く保てると気づいたので。

 

失言はあとで消しゃいいんだよ…(腹黒)

 

キーボードを打たないから手が痛くならない!

入力しすぎて腱鞘炎みたいになっている人は特にやったほうがいいよ!

口はなかなか疲れないよ!

 

YouTubeの魔の手が襲ってきづらい!

これは深刻な問題だよね。パソコン開いたら、YouTubeもセットで開くみたいなもんだもんね。

麻薬だよ。YouTubeはドラッグ。

 

ドラッグ&ドロップしてゴミ箱に持っていきたいよね。

 

書き始めのめんどくささが減る!

「よし、ブログやろう!」と思ってパソコン開いても、なんやかんやでめんどくさいでしょ~。

 

音声入力なら、メモを起動さえすれば、口から適当に言葉を発していけばいいんだもん。ラクです。

 

「あーなんも思いつかないなあ」ってときこそ、テーマだけ決めて口から出まかせしてみるとアイディアが出てくるはず。

 

なんなら、テーマも決めなくてもいいかも。今日あったこととか、目に入ったものとか、適当にバーーッとぺちゃくちゃつぶやいてると「あ、アレ書いてなかったじゃん!」みたいなネタが生まれてくるので。

 

何しゃべったらいいかわからない?

ひとまず「あ~めんどくせえええ!」ってスマホに吹き込んでみよう。とりあえず、やる気出るかも。

 

外に出れば読者がイメージしやすい!

しゃべるほうが早いので、キーボードをたたくよりも、次から次へと何かが出てきます。

 

外に出てしゃべれば、人に出会ったり、風景を見たりできるので、浮かぶことも変わってきます。

すれ違う人を見て、その人に語りかけるようにしゃべってみたりとかしてね。

 

ブログを読んでるどこかの誰かのことも浮かびやすくなりますよ。

 

音声入力してみませんか?

しゃべると感情が入りやすいタイプや、好きな話題でボルテージが急上昇するようなタイプなら、特に向いてるよ!

 

しゃべるのも立派なアウトプットだからね!!

メモに書いてあったオチは失言なので、削除しておきます(笑)