生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。

北海道内ぶらり旅|JRサイコロ周遊〜5巡目~

いちごに支配されたピップで散歩してきた我々。

www.imuruta.com

  

サイコロを振り、旅を進める。

三国志の英雄みたいな駅名に酔いしれる

次の目的地へ向かう。比布より先の駅名を確認。

難しい地名がたくさんある。 

f:id:IMURUTA:20190527223342j:image

 

 

17時58分の快速列車に乗ることにした。 

f:id:IMURUTA:20190527223347j:image

 

この17時58分の快速名寄(なよろ)行きに乗ると、行き先はこうなる。

1. 蘭留(らんる)

2. 塩狩(しおかり)

3. 和寒(わっさむ)

4. 剣淵(けんぶち)

5. 士別(しべつ)

6. 風連(ふうれん)

 

なんだ、この、ほとばしる武将感。「西の蘭留と東の風連が衝突」みたいな戦国絵巻がありそう。

まあ、それはさておき、サイコロなのよ問題は。結局、全部サイコロの運命なのよ。

さ、結果は?

f:id:IMURUTA:20190527223748j:image

 

5!

戦国武将名鑑によると、5は士別だった。

1. 蘭留(らんる)

2. 塩狩(しおかり)

3. 和寒(わっさむ)

4. 剣淵(けんぶち)

5. 士別(しべつ)

6. 風連(ふうれん)

 

士別へ向かう、ご一行。 

 

出発!ワンマン列車

比布から士別へは、1両編成のワンマン列車だった。 ここへきて、ついに車両のつなぎ目がなくなった。

f:id:IMURUTA:20190527220734j:image

 

目の前でうたた寝するK。その様子をiPhoneのカメラ越しにのぞいて、ジャイロセンサーの動きを確かめる僕(カメラが横にならなくて困ってた)。隣でメシの検索をしまくるS。

結構な暇が続いた。

 

バスみたいに、降りる時に精算する。古き良きなんちゃらって感じだね。 

f:id:IMURUTA:20190527220644j:image

 

イチゴの街「比布」から羊の街「士別」へ

長旅の末、士別に到着。 

f:id:IMURUTA:20190527220556j:image

バーバママみたいなひつじがお出迎え。 

 

どうやら、サフォークが有名らしい。サフォーク=羊肉用に飼われてる羊

さっきのバーバママも食べられる運命。

f:id:IMURUTA:20190527220738j:image

 

さっそく士別の街を歩く。タクシーが2台止まっているだけで、人は全然いない。

f:id:IMURUTA:20190527220746j:image

 

サフォークマンホール発見。

食べられる運命なのに、みんな楽しそうにしている。 

f:id:IMURUTA:20190527220729j:image

 

サフォーク会社発見。何をされてる方なの…

f:id:IMURUTA:20190527220726j:image

 

士別なら 食うしかねえだろ ジンギスカン

五七五のリズムで言う、「士別なら 食うしかねえだろ ジンギスカン」

そういうわけなので、やってまいりました。

店名は「花の友」

f:id:IMURUTA:20190527220538j:image

 

普通の家みたいな感じ。 

f:id:IMURUTA:20190527220707j:image

 

メニューはシンプル。羊肉とメシ食ってビール飲んどけ!!と。

いいじゃないか、羊の街「士別」。

f:id:IMURUTA:20190527220657j:image

 

ジンギスカンを注文。テーブルには、黒い石がどーん

真ん中が少しくぼんでいる。僕らの知ってるジンギスカンの鍋じゃない。

f:id:IMURUTA:20190527220604j:image

 

腹が減ってるので、ざざざーっと肉も野菜もオン!

オンザロック!!

f:id:IMURUTA:20190527220720j:image

 

ここで、厨房から店主がカットインしてきた。

「君ら、これね、やり方違ってんだわ。」 

f:id:IMURUTA:20190527220640j:image

 

店主「まわりに肉を円状に置いて、落ちてきた油で野菜を炒めるの。」

4人「へ…へえ~。じゃ、こうだな!」

 

f:id:IMURUTA:20190527220633j:image

 

焼き方正解した勢いでビールも頼んじゃう。25歳の男子会が、俺たちのサイコロ旅が、だんだんくたびれたおじさんの集いになっていく。

f:id:IMURUTA:20190527220649j:image

 

ここのジンギスカン、さっぱり食べられる秘密がある。それが、この大量のしょうが。

f:id:IMURUTA:20190527220711j:image

 

いくらなんでもありすぎやろ…と思ったが、これは相当ウマイ。

肉の油とかどうでもよくなってくる(どうでもよくはない) 

f:id:IMURUTA:20190527220743j:image

 

ご機嫌で会計していると、上の方にもメニューがあった。

というか、焼き方、書いてたんかい(よく見たら席にも書いてた) 

f:id:IMURUTA:20190527220625j:image

 

「やっぱり、士別のジンギスカン違うな~」と感想を言い合う。

実は、オーストラリア産の肉だったんだけど。(時期によって、士別産のときもあるらしい)

 

シメにパフェ行く札幌魂

札幌では、飲みにいった後とかのシメでパフェ食べるのが流行ってる。誰が考えたんだか。

近くに遅くまでやってるパフェ屋さん(カフェ)を発見。行くしかない。

店名は「芽夢(がむ)」

f:id:IMURUTA:20190527220614j:image

 

「昔ながらの」っていう感じの雰囲気。

f:id:IMURUTA:20190527220702j:image

 

僕らは当然パフェを頼む。 

f:id:IMURUTA:20190527220611j:image

 

店では「プレバト」が流れている。一句読んではディスられ、一句読んではディスられ。 

f:id:IMURUTA:20190527220543j:image

 

そういえば、この店のことを調べた時に「機嫌が悪いときがある」みたいなことが書いてあった。

イチゴパフェ選んだら、プレバトみたいに「この凡人!」って怒られるのかとビックビクで注文した。

全然そんなことなかった。店主は優しかった。

 

どでかいパフェがきた。

f:id:IMURUTA:20190527220629j:image

 

チョコバナナを頼んだ友達にも、ドドン

f:id:IMURUTA:20190527220714j:image

 

これで600円くらいなんだから、安い。

「士別にはレトロなデカ盛りパフェがある」って、覚えておいて損はない。

 

夜も更け、旭川にもどって宿泊することに

f:id:IMURUTA:20190527220653j:image

 

食べて、食べて、お腹が士別でたくさんになった。

駅に戻ると、伝言板を見つけた。

チョークがないのが気になった。 

f:id:IMURUTA:20190527220600j:image

 

夜の士別駅は閑散としていた。

自販機の「ビタミン炭酸MATCH」を見ながら、「おじさんになったら、この旅も青春だったなあって思い出すのかな」とか考えた。

 

ジンギスカンの食いすぎと、感傷にひたる自分のせいで気持ち悪くなった。 

f:id:IMURUTA:20190527220636j:image

 

▽北海道内ぶらり旅|JRサイコロ周遊〜6巡目~へ続く