生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。

【感想】映画「やっぱり契約破棄していいですか!?」(原題:Dead in a Week Or Your Money Back)

f:id:IMURUTA:20190903230421p:plain

どうも、いむるた(@imurutalog)です。

今回は、イギリス流ブラックユーモアの効いた映画「やっぱり契約破棄していいですか!?」の感想記事です。

上映本数も少なく、あまり予告なども流れていない今作品ですが、非常におもしろかったので、ぜひおすすめしたい!

以下、若干のネタバレ含む

死にたいけど死ねないから殺し屋に外注 

「自殺を外注する」この設定がおもしろい。話のツカミで気持ちをスクリーンにもっていかれた。

この物語の主人公は、2人。

人生に絶望して何度も自殺未遂をくりかえす、売れない小説家。

かつては暗殺のスペシャリストだったが、年を取って腕がにぶり、ノルマをクリアできない殺し屋。

死にたいから殺してくれ!

ノルマがあるから殺させてくれ!

これが、完全にWin-Win。誰かを殺すために雇うのではなく、ぼくを殺してくれと頼む。

ここの契約時の会話もクスッと笑える。

「Dead in a Week」おかしな1週間がはじまる

「それじゃ、契約金いただいたら、1週間以内にきっちり殺しますんで…。あ、いつやるかはサプライズです。」

 「わかりました。お金はすぐ振り込みます。」

ところが、契約をした途端に、「やっぱり生きてみたくなっちゃう」出来事が起こる。

「やっぱり死にたくない!」

こうして、変な”トムとジェリー”がスタートする。

「やっぱり殺さないで」

「だめだ、私のタイミングで必ず殺す」

「逃げろ~!!!」

なんだ、このはなしw

お前が契約して、自ら雇った殺し屋から全力で逃げ回るって、なんなんだw

殺し屋の夫を普通の仕事のように見守る妻

殺し屋のおじいちゃんには36年連れ添った妻がいる。

「あなたならヤれるわ。大丈夫よ」

「誰でも失敗はするわよ。あなたの腕は本物よ」

暗殺の仕事が普通みたいに扱われていて、ツッコミゼロでボケっぱなしの状態が続く。

あなた、今日も頑張ったわね、てw

この夫婦のやりとりも、ほっこりバイオレンスで最高。

暗いテーマなのに青春コメディの雰囲気

なんか、さわやかなんですよ。死にたくても死ねなかった小説家が、生きる希望を見つけるところは少年マンガのようだし。

女の子と出会って恋して「君のためなら死ねる!」って言っちゃってみたり。(どの口が言うとんねん状態)

この世界観はなに?とずっと思いながら見てしまいました。

上映時間は90分と、短くスッキリまとまっています。単純明快なストーリーだけど、意外とハラハラするシーンもある。

主人公2人の攻防がニヤニヤさせてくる、テーマは「殺し」なのに、軽い気持ちで観れる映画でした。

空いた時間にふらっと観に行くなら、いま1番おすすめな映画です!

 

「映画館って、ふらっと行くには料金が高すぎる」という方には、この記事は読んでいただきたい。新しい趣味ができるかも! 

www.imuruta.com