生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。

営業の仕事をやめてよかったと思うこと|「退職は甘え」と言う人は守ってくれないよ

どうも、いむるた(@imurutalog)です。

僕は、営業職からエンジニアに転職しました。

日々、勉強で大変なところはありますが、前職よりも楽しく働いています。

今回は、メンタルを病んで営業職を2年で退職した僕が「営業をやめてよかった瞬間」を語ります。

冒頭では、営業職を辞めたいと思う方に向けて、自分が伝えたいことを書いています。

営業職で悩んでいる方に読んでいただきたい記事です。

周りの意見より、自分の気持ちを優先していい 

f:id:IMURUTA:20190909223340j:plain

毎日悩んでた時の自分に言いたいことがあるとすれば、これです。

「自分の気持ちを優先して!」

本人にしかわからないことって、必ずあると思うんですよね。

例えば、札幌市の「野生の熊殺害」の件。

札幌市内では、野生の熊がたまに出没します。けっこう住宅地まで来るんだよなあ…

市民の生活がおびやかされますし、被害が出る前に射殺してしまう、なんてこともあります。

それを、北海道民でもない人達が「熊を殺すなんてかわいそう」って言ってきたりする。

「あなたたちに当事者の気持ちや怖さがわかるんですか?」と言いたくなる。

深刻な被害が出たら、「なんで殺さなかったの?」と言ってくることでしょう。

これ、営業の仕事を辞めたいと思ってる人に「営業がつらいから辞めるなんて甘え」と言ってくるシチュエーションと同じだと思うんです。

外野の意見を、真に受けることないんですよ。

精神を病むくらいならすぐに辞めた方がいい

僕は、営業を2年でやめました。正確には、メンタルを病んで、仕事を休んでからやめました。

営業車の中で、

「営業 つらい」

「営業 やめたい」

「営業 転職」

と何度検索したことか…

こういうときに決まって検索一覧に現れるのが、

「営業 甘え」「退職 甘え」というキーワード。

いま辞めたら甘えだよな…

退職したら逃げだよな…

同じようなことを考えてる方が、いかに多いことか。

インターネットで、「営業を辞めるのは甘え」と書いていたとしても、それを書いた人は一人一人の状況を知りません。知ってるわけがない。

なので、すべての人に「甘え」が当てはまるとは限りません。

特に、精神面でギリギリまで追い込まれているなら、甘えや逃げを気にする必要はありません。

心が一度壊れると、元に戻るのに時間がかかる

再起不能になってから、「病気になるぐらいなら早く辞めればよかったのに」と言われても遅いです。

僕は、ある日突然、充電が切れたようにメンタルが死んで休職しました。

復活には時間がかかるので、少しでも余力のあるうちに、退職なり転職活動をすることをおすすめします。

ここからは、営業職をやめて良かったことを書いていきます。

「自分の人生よりお客様」を卒業できた

f:id:IMURUTA:20190909224413j:plain

休みの日にも客先から電話が入る。出なければ、留守電が入る。

「そっちは休みかもしれねえけど、こっちは働いてんだよ。出ろや」

てやんでい的な人が多い業界だったので、こんな感じの留守電が入ってたりしました。

会社からは、こう言われていました。

「会社支給の携帯電話は、肌身離さず持ってろ。”携帯”電話だぞ。」 

「休日であろうが、誠心誠意、対応しろ。売り上げ欲しいだろ。」

休日の解放感。電話の束縛から解き放たれた

いつ、電話がかかってくるか、ビクビクしながら休日を過ごすのにウンザリでした。

いつでもどこでも対応してくれるスーパーマンには、なれませんでした。

成績が悪いとかノルマ未達成でつらいとか、そういうことならまだよかったんですよね。

携帯電話での拘束から解かれたとき、ものすごい開放感を得ました。毎週の休日が楽しみです。

口先だけの仕事でのストレスがなくなった

f:id:IMURUTA:20190909225335j:plain

営業のために仮面をかぶることが、ストレスでした。

人に平気で嘘をついたり、出し抜いたり。そういうことがうまくなかったんです。

「客先にはこういう風に伝えておいて、会社にはああやって言っといて、裏でこういうことすれば、売上が上がるだろ」

みたいなことを言われても、必ずどこかで正直になってしまいました。

仮に成功しても、罪悪感でいっぱいになりました。

嘘をつかなくてよくなった「それくらいの嘘、簡単につけるだろ」

これは、けっこう言われました。

「なんで、そんな嘘もついてこれないんだ、お前は。バカだなあ。」

そのたびに、自己嫌悪に陥って、「自分はセンスがない。価値がない。」と落ち込みました。

今思えば、そういう業界じゃなければ、営業職じゃなければ、”素直”というのは長所だと思います。

「売上のため」と割り切って、仮面をかぶれない僕みたいな人は、きっと向いていないと思います。

嫌な人に会いに行く必要がなくなった

ルート営業だったので、どんなに苦手な人でも、何度も何度も会いに行く必要がありました。

特に、人格を否定される客先に行くストレスが半端じゃなかった。

「こんな生活、何年も続けて何が残るんだろう」と思い始めてから、かなり病みました。

営業にしか転職できなくなることが怖すぎて、プログラミングの勉強を始めました。

唯一、営業を経験してよかったところといえば、勉強の原動力になったことですね。

「二度と営業やりたくない」これを心の底から思えたのは、良い経験だったかも。

「定時という概念」が生まれた

f:id:IMURUTA:20190909225724j:plain

営業の会社、全部が全部そうじゃないと思いますが、どうしても残業は多い仕事ですよね。「お客様都合」で定時後に商談とか。

そして、個人が何をどう頑張ってもコントロールできないのが「社風」でして。

”定時が存在しない会社”の営業職の方は、定時に上がれる方は少ないですよね。

…だって、存在しないんだから。

会社も客先も時間にルーズだし、残業していないと努力してない、みたいな雰囲気を出される会社もあると思います。

人生の中で、時間って、相当重要ですよ。働く時間も、自分の時間も。 

「削るもの→精神、自分の時間」ではなく、

「削るもの→残業時間」であるべきですよね。

転職した今は、忙しくない日には「定時帰りOK」という極楽イベントが発生するので、最高な日々です。

「定時退社後にライブに向かう」なんてこともできるようになり、人生の質が向上しました。

健康的な生活が手に入った

・ストレスが減った

・定時が生まれた

主にこの2つによって、心身ともに調子が良くなりました。

体調を崩してから、身に染みてわかりました。何をするにも「健康第一」です。

これは、どの世代にも当てはまるはず。ありきたりなことを何度も言いますが、身体を壊してからでは遅いんです。

誰も守ってくれません。守ってくれるものといえば、傷病手当金ぐらいです。強いて言うなら。

「身を粉にして働く」という表現がありますが、粉になったあとはどうなるんでしょうか?

一社員が粉になったところで、フッと吹き飛ばされて、新しい社員を用意して終わりですよ。

生活費を稼ぐなら、営業にこだわる必要ないです。

つぶれてからリスタートするよりも、早めに見切りをつけるのも大切ですよ。 

「退職は甘え」かどうかは、退職した後の行動で決まると思います。

 

 

おなじ20代の方に、読んでいただきたい記事がもう一つあります。 

www.imuruta.com