生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。

コンビニで「袋いらないです」って言う時の話

f:id:IMURUTA:20191114231050j:plain

「袋いらないです。」

「クイックペイでお願いします。」

「レシートいらないです。」

 

「テープでお願いします。」

「クイックペイで」

「レシート不要です。」

 

毎日のようにコンビニで唱えている。

「袋、レシート不要、クイックペイ支払い」

もう、こういう文言のステッカーを作って、おでこに貼っておこうかと思うくらいに、セリフが定型化している。

キャッシュレスより、ショッピングバッグレスを推進したい。語呂が悪い。

 

買うものは、だいたい下の候補の中にある。たいていは、1回の会計で1個しか買わない。

・ヨーグルト1個

・ペットボトルの飲み物1本

・1本満足1本

 

袋がもったいないレベルの小さな買い物しかしない。

だから「袋いらないです。」のセリフは、絶対にキメたい。これが決まればこっちのもん。

ところが、うまくいかないことが結構ある。

サイドンの「つのドリル」くらい命中率が悪い。なかなか一撃でしとめられない。

 

僕「袋いらないです。」

店「〇〇円です。」

僕「クイックペイで」

あの機械「クイックペイ♪」 

店「ありがとうございました~」

僕「あ、ありがとうございます…(袋に入った商品を見つめながら)」

 

こうなってしまう。

今、「それな」と思った人もいると思う。

 

何度もレジを打っている店員さんは、オペレーションが染みついているから、袋に入れるまでの動作は無意識に行ってしまうのかもしれない。

わかる。自分もバイトでレジ打ちをしていたので、身体が動いてしまうのはわかる。

 

店員さんがレジ袋をとろうとしたときに「ちょっと待った~!!!!!」と言わんばかりに、「あ、すいません、袋いらないです。」を言い放つ作戦もありかもしれない。

 

でも、今から商品と袋がともに同じ道を歩もうとしているのに、自分がそこに割り込むなんてできない。

結婚式で「ちょっと待った」と割り込んで新婦を連れ去るみたいな強引さを感じちゃう。

 

さらに、店員さんの「かがむ」 という1アクションを殺してしまう。

「死にオペレーション」を加算することになり、店員さんの体力を減らしてしまうことは避けたい。

 

店員さんのすばやさが高い場合も、対応が難しい。

高確率で負ける。

なにごともなかったかのように、袋に商品が吸い込まれていくのを何度も見た。

レジ袋は、「どうせ、私なんかすぐ捨てるんでしょ」みたいな顔をしている。つらい。 

 

26年生きてきたが、いまだに「袋いらないです。」の必勝法は見つからない。

人類の永遠のテーマに思える。

 

AmazonGoとか、無人コンビニの類が浸透するまでは、この悩みは尽きないのかもしれない。