生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。

感想|映画「フォードvsフェラーリ」個人vs大企業の泥臭いドラマが見どころ

f:id:IMURUTA:20200119132346p:plain

感想|映画「フォードvsフェラーリ」

どうも!いむるた@imurutalog)です。

第92回アカデミー賞4部門にノミネートされた映画「フォードvsフェラーリ」を鑑賞してきました。

この映画は、1966年に行われた「ル・マン」というレーシングカーの24時間耐久レースを元にした実話

レース界の絶対王者「フェラーリ」を倒した「フォード」のドラマを2時間30分で描いています。

 

時速300キロ以上で24時間走りきるなんて、自分がやると考えたら震えが止まらない。こわすぎる…

「フォードvsフェラーリ」はどんな映画だったのか?まとめていきます。

※ネタばれを含みます

まるで少年漫画のような「男同士のアツい戦い」

この映画、ざっくり言うと、

レーシング界最強の王者フェラーリを倒すため、大企業フォード

・最強のレーサー(ケン・マイルズ)

・最高の車(GT40)

・最高のチーム

を用意して「ル・マン」を制覇する(そのためなら金はいくらでも出す)という話。

 

W主演の2人の演技に吸い込まれる

レーシングカーの開発に向けて、フォードが目を付けたのがキャロル・シェルビー(マット・デイモン)という男。彼は、心臓の病で引退した元カリスマレーサー。

↓ マット・デイモンが演じるキャロル・シェルビー

f:id:IMURUTA:20200119145001j:plain

 

そのシェルビーがレーサーとして選んだのが、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)。すぐキレる職人肌の男で、レースの腕だけはものすごい、レースオタク。

 

↓ クリスチャン・ベイルが演じるケン・マイルズ

f:id:IMURUTA:20200119145035j:plain

 

シェルビーとケンのタッグで、調子乗ってるフェラーリぶっとばすぞ!

そういうことです。

 

クリスチャン・ベイルのレース中の顔の演技が最高に良かった!

「一歩間違ったらすぐにあの世行き」の緊張感が伝わってきて、劇場でケツ汗びっしょりになりました。

 

シェルビーとケンの友情に泣ける

シェルビーとケン、最初は全然ソリが合わないんですね。

それがレースを経て、固いきずなで結ばれるっていう、ドラゴンボール的な展開なんですよ。

 

殴りあって、コーラで乾杯するシーンなんかは「おじさん同士でなにやってんの!」って感じでしたが、最後の最後でそれもいい思い出だったなあ、と思わせてくれます。

喧嘩してるのにいやな気持ちにならない、トムとジェリーみたいな感じ

 

車を通じた男同士の友情物語。少年ジャンプが好きな人は絶対ハマる

 

イラつくほどのフォードの大企業体質

「フォードvsフェラーリ」というタイトルですけど、フォードの派閥内で対決しているシーンが多かったですね。

タイトル詐欺か?

「フォード(シェルビー&ケン)vsフォード(経営陣)」 ですよ。

フォードの上層部が、まあ~余計な事してくれるんですよね。

シェルビーが「レーサーは、ケンにしたい」って言ってんのに、

「彼は広告としてふさわしくない。」とか言って却下したり。

 

長いものにまかれるため、自分の立場を守るために、レースをないがしろにする姿勢が許せない!

 

シェルビーが現場を知らないフォードの社長を無理やりレーシングカーに乗せて、フルスロットルで爆走して、社長が赤ちゃんみたいに大号泣するシーン。

あそこはめっちゃくちゃスカッとしましたね。

「知らなかった~!!!!ごめんなさ~い!!!!!」ってね

あのシーンだけ何回も見たいなあ

 

レースシーンの爆音、スピード感はぜひ劇場で! 

企業間の争いや男同士のドラマももちろんよかったんですが、やっぱりレースシーンの迫力がすごい。

ほぼ実写で、実際に車をクラッシュさせたりして撮っているそうです。

 

・すさまじいエンジン音

・普段感じられないスピード感 

これは、劇場で味わうと、もはや映画ではなくスリリングなアトラクションです。IMAXや4DXで見ることをおすすめします。(僕は普通の2D字幕で見てしまった事を後悔してます)

 

まとめ:チームで働く大人には特に刺さる物語

「企業の思惑」と「個人の希望」の調整、お世辞、内紛、中間管理職の苦悩、などなど。昔も今も同じことに悩んでいるんだなあ、と思わされる映画でした。

やりたいことをひたすらに追求するケンとシェルビーには、胸を打たれました。

 

全体的な感想は、こんな感じです。

「フォードが大企業大企業してて良かった。半沢直樹みたいだった。」

「レースシーンは映画と思えないほどの迫力。自分も運転してるかと思った。」

「本当にあのバットマンのクリスチャン・ベイル?同一人物?」

 

見終わったら「H・A・P・P・Y(ワ~~~イ)」と言いたくなる映画です。

気になってる方は、ぜひ劇場で!